topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 岩船山高勝寺

 寺社の種類:天台宗の寺
 創建の時期:宝亀8年(775年)、弘誓坊明源和尚
 所在地:栃木県下都賀郡岩船町
 訪問日:2010年9月26日

 

高勝寺は関東の高野山、日本三大地蔵尊などして知られる栃木の霊場です。岩船山の山上に伽藍や宝塔、石像を配置したた境内には水子供養のための「賽の河原」や、罪を犯した女性が堕ちるといわれる「血の池」などもあります。

高勝寺の山門
賽ノ河原には風車や人形が
高勝寺の本堂
高勝寺の本堂

舗装道路を登って行くと車は通行止めの案内板、仕方なく山門まで歩きましたが山門わきの駐車場が開いていました。

朱塗りの山門の前には賽ノ河原があります。小さい子供を亡くした人が供えたのか、お地蔵さんの前には人形や風車が所狭しと供えられています。

高勝寺の本堂
木立の中の奥ノ院

山門をくぐるり急な階段を登ると本堂です。お彼岸の供養なのか卒塔婆を抱えお参りに訪れる人も多いようです。

地蔵橋から先は通行止め
展望台の傍に三角点

ここから遊歩道のような道を登って行くと奥ノ院にたどり着きました。地蔵橋の先には奥ノ院があたようですが危険なためか通行が禁止されていました。

山頂周辺には小さな祠などもあります。目の前が切れ落ちた展望台に立つと岩船の町並みが箱庭のように見渡せました。

見上げる三重塔
血の池地獄
石塔と卒塔婆
高勝寺の鐘楼

見上げる三重塔は県の文化財にも指定されたという三重塔です。本堂の左奥には血の池地獄、たくさんの石塔の傍には卒塔婆が立てかけられていました。

 Back