topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 熊本城(銀杏城)

 城郭の構造:梯郭式平山城
 築城の時期:中世、1600年ごろ加藤清正により改修
 主な城主:加藤氏、細川氏
 所在地:熊本県熊本市
 訪問日:2010年3月7日

 

熊本城は日本三大名城の一つです。中世に築かれた千葉城、隈本城を加藤清正が改修したもので、清正流(せいしょうりゅう)と呼ばれるそそり立つ石垣の上に御殿、大小天守、五階櫓などが建てられた平山城です。

明治時代には陸軍の熊本鎮台が置かれました。西南の役では宇土櫓や東竹之丸を残して消失したものの最後まで薩摩郡の攻撃に耐えた城です。

交差点の先に加藤清正像
二の丸公園から天守閣と宇土櫓
二の丸公園から見る堀と戌亥櫓(いぬいやぐら)
苔むした石垣

熊本城を訪ねたのは3月、広い駐車場もたくさんの観光客で賑わっていました。そそり立つ石垣を一回りしたのち須戸口門から城内に入りました。

苔むした石垣
清正流の石垣
清正流の石垣
須戸口門

本丸広場はたくさんの観光客で賑わっています。正面には大天守閣と小天守閣がそびえています。この天守閣は1960年(昭和35年)に復元されたものでコンクリート造りの内部は資料館になっています。

右に曲がると本丸へ
桜の花も咲き始めています
石垣の上には石落としも
東十八間櫓
本丸広場から見上げる天守閣
本丸にそびえる小天守閣

本丸の一角に残る宇土櫓は建設当時の姿を今に残すものです。薄暗い城郭の中に入ると古い木材が補強され、往時の姿を今に伝えています。

本丸へ向かう石段
築城当時の宇土櫓
熊本城の天守閣と小天主
宇土矢倉から眺める天守閣

狭い木の階段もまた最後まで敵に抵抗しようとする工夫なのかもしれません。

本丸には最近完成した本丸御殿がありました。絢爛な御殿の中には昭君之間という特に豪華な部屋もあります。万が一の時は豊臣秀頼に熊本城に向かい入れるために造ったものと言われています。

 Back