topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 石老山顕鏡寺

 寺社の種類:高野山真言宗の寺院
 創建の時期:仁寿元年(851年)
 札所:津久井三十三観音霊場第14番
 所在地:神奈川県相模原市
 訪問日:2010年1月20日

 

仁寿元年(851年)に源海法師によって創建されたと言う真言宗の古刹です。参道には多くの奇岩怪石が立ち並び石老山のハイキングコースとして何時も多くの人が訪れるところです。

顕鏡寺の境内
道志岩窟

顕鏡寺を訪れたのは1月の初め、石老山への軽いハイキングの途中で立ち寄りました。1月でもこの付近の山は雪も降っていません。

奥ノ院と擁護岩(雷電岩)
屏風岩

山門の前の大きな岩屋は道志岩窟、源海法師が住居としたと言われる岩屋で高さ7メートル幅12メートル。保護のためかブロックで保護されていますが何となくアンマッチな感じです。

鏡岩
試岩
八方岩からは視界が広がります
融合平から眺める陣馬山

参道には屏風岩、仁王岩、駒立岩などと名付けられた岩があります。

関連記録・コース
 Back