topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 金剛山転法輪寺

 寺社の種類:真言宗醍醐派大本山の寺
 創建の時期:天智天皇4年(665年)
 所在地:奈良県御所市高天
 訪問日:2009年9月22日

 

修験道の開祖と言われる役小角は金剛山、葛城山で修行を行い、全国の霊山に修験道を広めたと言います。

転法輪寺は法起大菩薩を本尊とする神仏習合の寺で、奈良時代から明治維新までは修験道七高山に数えられていました。

明治時代の廃仏毀釈の波より一時は廃寺になりましたが、昭和25年に再建されたと言います。

長い石段
豊臣秀吉ゆかりのひさご池

境内には長い階段があります。

その傍にあるひさご池は豊臣秀吉がこの寺に参詣した時掘ったものとか、ひさごの形をした池には弁財天が祀らられていました。

長い階段の上には本堂があります。本尊は法起大菩薩、本尊修復の案内が出ていました。六本の腕と五つの眼を持ち怒りの表情をした不思議な菩薩さまです。

転法輪寺の本堂

本堂の脇には鎮宅さんに石祠がありました。

鎮宅さんへの参道
鎮宅さんの石祠
 Back