topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 鳥形山安居院(飛鳥寺)

 寺社の種類:真言宗豊山派のお寺
 創建の時期:6世紀末頃、蘇我馬子
 所在地:奈良県高市郡明日香村
 訪問日:2009年2月21日

 

飛鳥寺は588年に百済から仏舎利(遺骨)が献じられたことにより蘇我馬子が寺院建立を発願し、596年に創建された日本最初の本格的な寺院です。

ここを訪れたのはそろそろ開館時間も終わりになる頃、すでに観光客も少なくなっていました。

飛鳥寺の観音堂

本堂に入ると正面の飛鳥大仏、歴史の教科書でもお馴染みの釈迦如来座像は百済から帰化した止利仏師の作になるものと言い細いその顔は明らかに東大寺の大仏などと違う面立ちをしています。

幾度か火災にあいその都度修理が行われたと言い、顔などにはその傷跡も見え隠れしています。

飛鳥大仏
飛鳥大仏

飛鳥大仏の脇には聖徳太子像や不動明王像が祀られていました。

聖徳太子像
不動明王像
 Back