topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 賀茂別雷神社(上賀茂神社)

 寺社の種類:式内社・山城国一宮・二十二社・勅祭社・官幣大社・別表神社
 創建の時期:天武天皇7年(678年)
 所在地:京都府京都市北区上賀茂本山
 訪問日:2008年4月30日

 

上賀茂神社は下鴨神社とともに古代の賀茂氏の氏神を祭る神社です。また京都の初夏を彩る葵祭の神社として知られています。

一ノ鳥居
芝生の境内

参道の芝生の中には勝負の楓があります。ここは毎年行われる競馬会神事でゴールとなる地点とか

芝生の中に勝負の楓
大きな建物は細殿

二の鳥居をくぐると正面に細殿、その前には立砂という盛砂があります。これはご神体である神山を模ったものとか、神様が降臨する依代を表していると言います。

朱塗りの楼門
立砂は神が降臨したところ

本殿の前には鮮やかな朱塗りの楼門がそびえています。

朱塗りの楼門
朱塗りの楼門

高倉殿は一般の参拝者が上賀茂神社本殿や権殿を拝める場所です。

山門には巫女さん
高倉殿

舞殿は橋殿とも言われ、境内を流れる御手洗川をまたぐように建てられています。

舞殿(橋殿)
賀茂桜

片山御子神社(片岡社)は縁結びの神様です。紫式部が何度もお参りしたと伝えられています。

賀茂桜の脇に橋が
片山御子神社(片岡社)

上賀茂神社の境内には多くの摂社が祀られていました。

二葉姫稲荷神社
天斑駒神社
 Back