topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 鹿苑寺(金閣寺)

 寺社の種類:臨済宗相国寺派の寺
 創建の時期:応永4年(1397年)、夢窓疎石
 所在地:京都府京都市北区金閣寺町
 訪問日:2008年4月30日

 

室町時代前期の北山文化を代表する臨済宗相国寺派のお寺です。この地には藤原氏の一族、藤原公経の西園寺がありました。

足柄義光は荒れ果てていた西園寺を北山殿として改修し、ここで政治を司ったと言います。

金閣寺に向かう参道
水面に影を落とす金閣寺

金閣寺の代名詞ともなった舎利殿が水面に影を落としています。金閣寺は鏡池を中心として大小の島や石を配置した池泉回遊式の庭園です。その中に金箔が張られら舎利殿が金色に輝いていました。

金色に輝く舎利殿
金色に輝く舎利殿

方丈の前には陸舟の松という船の形をした松がありました。

庭園には龍門滝と名付けられた小さな滝、鯉が滝を登り竜になるという故事から名づけられたものとか

方丈の前に陸舟の松(りくしゅうのまつ)
厳下水

厳下水は足利義光公お手洗いの水とか。

夕佳亭は夕日に映える金閣が佳いとして名付けられた茶室です。

龍門の滝
夕佳亭(せっかてい)

夕佳亭の先に不動堂があります。弘法大師の作と伝えられる石不動明王が岩窟の中に祀られていると言います。

夕佳亭には南天の床柱
不動堂
 Back