topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 伏見稲荷大社

 寺社の種類:神社、式内社・二十二社・官幣大社
 創建の時期:和銅年間(708〜715年)
 所在地:京都市伏見区深草藪之内町
 訪問日:2008年4月30日

 

伏見稲荷神社は全国4万社と言われる稲荷神社の総本社です。和銅年間に、伊侶巨秦公が勅命を受けて伊奈利山(稲荷山)の三つの峯にそれぞれの神を祀ったことに始まる秦氏ゆかりの神社です。

朱塗りの楼門
楼門をくぐると外拝殿
階段の上に拝殿がそびえます
しめ縄が張られた大きな拝殿
狐は神の使い
千本鳥居

奥宮遙拝所へは赤いトンネルのような千本鳥居をくぐって行きます。個人や企業など色々な人が鳥居を寄進していました。

奥宮遙拝所からも赤い鳥居の道が続いています。途中には神宝神社、ここからさらに山頂への道が続いていました。

林の中に神宝神社
山頂へ参道が続いています

ここから三辻へ戻り、裏参道を下ることにしました。裏参道にもたくさんの社が祀られていました。まさに社の団地と言ったところです。

裏参道に祀られた社
裏参道に祀られた社
 Back