topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 香取神宮

 寺社の種類:式内社(名神大)、下総国一宮、旧官幣大社、勅祭社、別表神社
 創建の時期:(伝)初代神武天皇18年
 主祭神:経津主神
 本殿の様式:三間社流造
 所在地:千葉県香取市香取
 訪問日:2008年1月1日、2017年9月10日

 

香取神宮は日本全国に約400社ある香取神社の総本社です。日本書紀のも登場する古い神社で、鹿島神宮とともに大和朝廷の蝦夷進出の拠点となった神社です。

 訪問日:2008年1月1日

香取神宮には初詣で訪れました。50万人が参拝するという神社はたくさんの人で賑わっていました。

朱塗りの神門
参拝客でにぎわう拝殿

 

 訪問日:2017年9月10日

香取神社の参道はたくさんの参拝客であふれています。参道を登って行くと朱塗りの楼門です。矢大神(やだいしん)・左大神(さだいしん)と呼ばれる随神像は近衛府の舎人(とねり)の姿と言います。

土産物を売るお店屋さん
参道正面の大鳥居
奥宮、要石への案内板
石段の上に石鳥居
神徳館の門は修理中
参道の狛犬
御手水舎
香取神宮の由緒書き
朱塗りの楼門
楼門の神像
楼門の神像
参道の奥に拝殿
参拝客でにぎわう拝殿
拝殿に極彩色の彫刻
拝殿に極彩色の彫刻
拝殿に極彩色の彫刻

極彩色の彫刻で飾れらた拝殿に参拝します。最近が御朱印ギャルと呼ばれる若い子が多いようで御朱印受付所には長い行列ができていました。

御朱印受付は長い行列
神饌殿
回廊に練習艦かとりの錨
拝殿に三本杉
摂社匝瑳神社
大和心の石碑
拝殿奥に本殿
末社桜大刀自神社
摂社鹿島神宮
だんごを売る寒香亭

奥の院の近くには要石があります。地震を起こす大鯰を抑え石と言うことで、鹿島神宮の要石は大鯰の頭を押さえ香取神宮の要石は尾を押さえていると言います。

祈祷殿は昔の拝殿
古神札納め処
末社諏訪神社
朱塗りの楼門
要石
末社押手神社

近くには天真正伝香取神道流、飯篠長威斉の墓があります。室町時代中期に創始された兵法三大源流の一つです。剣術、居合、柔術、棒術、槍術、薙刀術、手裏剣術等に加えて、築城、風水、忍術等も伝承されている総合武術で、塚原卜伝や上泉信綱も神道流を修めたと言います。

護国神社
剣聖飯篠長威斉の碑
天真正伝神道流始祖飯篠長威の墓
瑞垣に囲まれた碑文
奥宮の石碑
香取神宮の奥宮
関連記録・コース
 Back