topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 吉祥山永平寺

 寺社の種類:曹洞宗大本山
 創建の時期:寛元2年(1244年)、道元
 所在地:福井県吉田郡永平寺町
 訪問日:2007年5月15日

 

永平寺は曹洞宗の開祖、道元禅師により開山された古刹で、總持寺と並ぶ曹洞宗の大本山です。

山門前の駐車場に車を停め参道を登っていきます。正面に見える門は勅使門。大きな山門も自由にくぐれるのは永平寺の管主だけとか。

祠堂殿
勅使門
納経塔
見上げる山門

ここに修行する修行僧は、永平寺に入門するときと修行を全うし永平寺を出るときにのみ通ることが出来ると言います。

参拝者は左手の吉祥閣の玄関から入山することになります。最初に通された大広間で若い坊さんが境内での注意や建物の説明をしてくれました。

ゆく年くる年でも紹介された梵鐘
山門に掲げられた額
山門の多聞天と持国天
大きな山門

最初は昭和の画家100人ほどが書いたという天井絵を配した傘松閣の大広間。ちょうど団体客に説明していたお坊さんの話しを聞くことが出来ました。天井絵の中には鳥や花以外を描いたものが5枚あるとか。獅子やリスなどの絵と言いますがなかなか見付けるのは難しそうです。

石段の上にそびえる仏殿
僧堂は座禅が行われるところ
仏殿から眺める中雀門
 

永平寺の建物は禅宗特有の7堂伽藍と言われる建物を長い廊下で結ぶ形式。最初は大きな山門に立ち寄ります。目の前の梵鐘はゆく年くる年でも紹介される大きな梵鐘です。

仏殿の須弥壇
彫刻が施された欄間
承陽門
荘厳な法堂の天蓋
法堂
承陽殿から眺める承陽門

訪れた時間が12時前と言うことで、大きな仏殿では20人ほどの僧侶が読経を上げていました。腹に響く木魚の音と、低い読経の声はここが修行の場と言うことを感じさせてくれます。

承陽殿の偏額
永平寺の聖地、承陽殿
釈迦牟尼仏を祭る仏殿
仏殿から眺める中朱雀門
 
祠堂殿の閻魔像

仏前に御霊供膳(おりくぜん)を上げる時間のようで、料理などを司る大庫院では長年伝わった作法に乗っ取り、若い僧侶がおりく膳の用意をしていました。

仏殿の左手奥は道元禅師を祀る承陽殿です。ここには歴代の管主の霊も眠っている永平寺の聖地と言います。

祠堂殿の地蔵菩薩
祠堂殿には一般の人の位牌も収められています
寂光苑の石像は道元禅師の若いころの姿
小さな池に観音像
 Back