topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 西国観音霊場29番 青葉山松尾寺

 寺社の種類:真言宗醍醐派
 本尊:馬頭観世音菩薩坐像
 創建:慶雲5年(708年)、威光上人と伝えられる
 所在地:京都府舞鶴市松尾
 訪問日:2007年5月13日

 

中国から渡来した威光上人がここに草庵を結び馬頭観音像を安置したのが創始とされている古刹で、西国観音霊場で馬頭観音を本尊とするただ一つのお寺です。

仁王門をくぐると目の前に大きな本堂が建っています。境内には本尊の馬頭観音に因んで馬のブロンズ像もありましたが尻尾が途中で折れていました。

青葉山の偏額が掲げられる山門
仁王像
仁王像
境内の先に本堂
境内に宝塔
弘法大師像が祀られています

本堂で参拝したのち土産物屋に売っていた人生訓をGet。良寛さんの教えや人生往来手形などなど。

境内に立つお地蔵さん
鐘楼
心霊閣は位牌堂
心霊閣
本堂
馬頭観音の大提灯がかかる本堂

このお寺の山号は青葉山。青葉山は福井県と京都府の県境に位置する標高700mに満たない山です。山頂からは若狭湾が一望できる好展望の山ですが梯子や鎖場もある急な登りが続くと言います。

古い偏額が掲げられています
馬のブロンズ像
手水所と本堂
赤い屋根の納経所

山頂から降りてきた小母さんは地元の人のようで登山道の話を教えてくれましたが、これから山頂を目指すのは少し時間的に無理がありそうです。

 Back