topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 小谷城

 城郭の構造:梯郭式山城
 築城の時期:1516年(永正13年)ころ、浅井亮政
 主な城主:浅井氏、羽柴秀吉
 所在地:滋賀県長浜市
 訪問日:2007年5月13日

 

日本五大山城に数えられる浅井氏の山城です。浅井長政とお市の方の悲話はNHKの大河ドラマでも語られている所です。

姉川は北国街道が虎御前山と小谷山に囲まれた交通の要衝で、左手の小谷山に浅井氏の居城、小谷城がありました。織田信長と浅井・朝倉の連合軍が雌雄を争った姉川の戦いはこの周辺で繰り広げられたと言います。

小谷城址の案内図
番所跡

国道から道を左に折れると暗い林の中に小さな駐車場があります。ここから舗装された山道をしばらく登って行くと小谷城址にたどり着きました。

馬洗い池
馬洗池
首据石
赤尾屋敷跡

目の前の広場は番所跡、ここから登山道のような山道を登って行きます。石積みや土塁が残る廓が歴史の流れを語りかけてくれるようです。ひときわ広い広場は城の中枢があった御殿跡と石垣が残る本丸跡。更に登ると山王廓などが現れます。

墓碑が残る小谷城址
大広間跡
本丸の石積み
刀洗池
京極丸
暗い木立の中の小丸

織田信長の攻撃にあい落城した歴史のひと駒がこの場所で繰り広げられていたようです。

木立に包まれた山王丸
崩れかけた大石垣
崩れかけた石積みが残っています
小谷城址から眺める近江の田園

山王廓から小谷山の山頂へと道は続いているようですが、ここからはまだかなりの時間がかかりそうです。そろそろ日も暮れ始めているので、車を停めた駐車場に戻ることにしました。

 Back