topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 西国観音霊場20番 西山善峰寺(よしみねでら)

 寺社の種類:天台宗系のお寺
 本尊:十一面千手観世音菩薩
 創建:長元2年(1029年)、源算
 所在地:京都府京都市西京区大原野小塩町
 訪問日:2007年5月12日

 

善峰寺は桜や紅葉で知られる天台宗の古刹です。法親王が代々の住職を務めたことから西山宮門跡と呼ばれています。

善峰寺の山門
石段を登ると観音堂
観音堂
観音堂に掲げられた編額

仁王像に迎えられながら大きな山門をくぐると本堂に向かう石段。参道にはコテマリの白い花が咲いています。

このお寺は法親王が代々の住職を務めたところで、山門には大きく西山宮門跡を書かれてあります。また徳川家綱の生母、桂昌院が再建に尽力した寺とも伝えられています。

観音堂で参拝
護摩堂の毘沙門天

山門から急な石段を登ると大きな観音堂です。江戸時代に再建されたと言う観音堂に参拝したのち広い境内を散策します。

左手の石段を登ると天然記念物に指定されている遊龍の松、地上1mほどの高さの松が40mほど横に伸びているます。遊龍の松の傍には多宝塔がありました。

天然記念物に指定された遊龍の松
多宝塔

階段を登ると桂昌院の遺髪を収めたと言う廟がありました。さらに坂道を登って行くと釈迦堂や薬師堂、法親王廟、暗い杉林の中には歴代の法親王の墓がありました。

台地の上に建つ釈迦堂
釈迦堂の釈迦如来像
薬師堂の薬師如来
十二神像
十二神像
林の中に立つ観音像
 
法親王が住んだと言う法親廟

本堂で流している案内にもすべて回ると30分ほどとか。かなり見るものが多いお寺です。

心願成就の絵馬堂
算(げんさん)上人
 Back