topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 西国観音霊場18番 紫雲山頂法寺(六角堂)

 寺社の種類:天台宗の寺院
 本尊:如意輪観音(秘仏)
 創建:用明天皇2年(587年)、聖徳太子が開基と伝えられる
 所在地:京都府京都市中京区六角通
 訪問日:2007年5月11日

 

六角堂もビルの立ち並ぶ街の中にあるお寺で、寺の裏には花道の池ノ坊本部があるようです。

六角堂の山門
六角堂の本堂
六角堂の本堂
六角堂の大きな提灯

六角の本堂に参拝した後、境内を一回り。本堂の前にはへそ石と言われる石が置かれていました。京都遷都の時、当時の六角堂が道路の中央にあったため桓武天皇が祈願したところ堂が北へ5丈ほど移動。その時取り残された礎石がへそ石と伝えられています。京都の中心にあることから名付けられたとも言います。

六角堂の本堂
六角堂の本堂
境内の納経所
京都の中心と言うへそ石

境内には聖徳太子が水浴びをしたと伝えられる池もありますが、今は高いビルの谷間の小さな池と言ったところです。

 Back