topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 宀一山(べんいちさん)室生寺(女人高野)

 寺社の種類:真言宗室生寺派
 創建の時期:宝亀年間(770年 - 781年)
 所在地:奈良県宇陀市室生区室生
 訪問日:2007年5月10日

 

室生寺は女高野と言われる古刹で、春先はシャクナゲの花の咲くお寺として知られたところです。土産物屋が軒を並べる参道から大きな杉の古木が生い茂る道へ。残念ながらシャクナゲの時期は過ぎてしまったようですが、それでもピンクの花が参道に咲き残っています。

女人高野の石柱
参道の先には朱塗りの山門
山門に立つ仁王像
山門に立つ仁王像
平安時代に建てられたと言う金堂
参道わきには石仏が並んでいます

古びた石段を登ると大きな金堂や弥勒堂、その奥には赤い五重塔がそびえています。参道のシャクナゲ越しにそびえる五重塔はこの時期のビューポイントの一つのようですが、すでに梢の咲きには咲き残った花を数えるだけです。花の時期は短く年により早い遅いもあるようで、その盛りに出会うことはなかなか難しそうです。

この五重塔は数年前の台風で大きな被害にあったと報道されていたところです。

木立の中に建つ五重塔
無明橋から奥ノ院への石段が
石段を登りつめると舞台造りの奥ノ院
大きな奥ノ院
弘法大師を祭る御影堂
参道わきには石仏が

金堂の脇には南朝の重臣である北畠親房のお墓や、徳川綱吉の生母桂昌院のお墓もありました。

暫くするとポツポツと雨が落ちてきました。雨足も強くないようなので奥ノ院まで登って行くことにします。暗い杉の林の中を登る階段は360段ほど。途中には小さな石仏や石塔もある古びた参道です。

まっすぐに登る石段に息を切らせながらたどり着いた広場には舞台造りの奥ノ院が建っていました。

南朝の重臣である北畠親房のお墓
桂昌院の墓
参道わきの軍茶利像
ここのシャクナゲはホンシャクナゲ

室生寺の咲くシャクナゲは花弁が7枚のホンシャクナゲ。古くからたくさんの信者が境内に植えてきたもので自生するものはないと言います。

 Back