topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 観音寺城(佐々木城)

 城郭の構造:山城
 築城の時期:応仁・文明年間(1467-1487年)、六角氏頼
 主な城主:佐々木六角氏
 所在地:滋賀県近江八幡市安土町
 訪問日:2006年11月10日

 

観音正寺は戦国の武将、佐々木六角氏が築いた山城です。六角氏は宇多源氏の名門で、足利時代には管領代として勢力を誇っていたようでしたか、浅井氏などとの抗争により徐々に勢力を落としていました。織田信長が近江に進出するようになると六角氏は闘わずして観音寺城を放棄、以降は廃城になったと言います。

山城としては戦国最大の規模を誇る城も防御面では見るべきものは少ないと言います。このことが闘わずして観音寺城を放棄した理由なのでしょうか。

観音正寺の近くでみやげ物を売っていた小母さんに聞くと、観音正寺の奥ノ院から繖山の山頂を経て、観音寺城に下る道があるとか。もらった地図を頼りに観音寺城に向かうことにします。

ここから暗い雑木林の中をひと登りすると稜線です。佐々木城跡の石碑や小さな掘削地を超えると分岐点です。ここで道を右に折れると程なく標高433mの繖山山頂にたどり着きます。山頂からは北西方向の展望が開け、目の前には織田信長の築いた安土城址、その奥には琵琶湖が広がっているようです。

岩の下に奥ノ院の社
尾根道をたどると繖山の山頂
繖山からの霞んだ展望は安土城か
霞んだ琵琶湖

繖山の山頂からは分岐点に戻り観音寺城址に下っていくことにします。急な坂道を下っていくと竹やぶの中に本丸へと登っていく石段がありました。たどり着いた本丸跡は石垣がめぐらされた大きな曲輪。木立に覆われた曲輪は戦乱を生き抜いた武将の気迫が今も残っているようです。

観音正寺城跡の案内板
本丸曲輪
急な石段を登ると本丸曲輪
崩れかけた本丸曲輪
落合氏屋敷跡という曲輪

大手門跡という石垣から三ノ丸、平井曲輪へと下っていきます。地図ではここから宮津口見附を経て大手道を下っていく道があるようですが見つかりません。仕方なく三ノ丸から観音正寺に戻ることにしました。

 Back