topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 西国観音霊場25番 御嶽山清水寺(播州清水寺)

 寺社の種類:天台宗
 創建の時期:景行天皇時代(71年-130年)、法道仙人と伝えられる
 本尊:十一面観音(秘仏)
 所在地:兵庫県加東市平木1194
 訪問日:2006年11月9日

 

京都の音羽山清水寺と区別するため播州清水寺とも呼ばれる天台宗の古刹です。創建と伝えられる法道仙人は天竺から紫の雲に乗って日本へ渡来したとされる伝説上の人物です。

清水寺の駐車場までは広い清水寺登山道路を登っていきます。広い駐車場の前には御嶽山の扁額がかかる仁王門が建っています。恐ろしげな顔をした仁王像を見上げながら参道を進むと、スピーカーから読経の声が聞こえてきます。

朱塗りの仁王門
朱塗りの仁王門
仁王像
仁王像

大講堂の中には金色に輝く十一面千手観世音菩薩。仏前で参拝した後、境内を散策することにします。今この境内は赤く色付いた紅葉に彩られています。

ご詠歌を掲げる大講堂
大講堂
本尊は観世音菩薩
大きな灯篭の先に大講堂
大講堂の紅葉
大講堂の脇に宝篋印塔
大講堂の紅葉
大講堂の紅葉

境内にはたくさんの石の地蔵尊が安置された地蔵堂があります。

境内の僧坊か
大輪の菊を飾る本坊
境内の紅葉
境内の紅葉
菩薩堂の地蔵菩薩
大きな鐘楼

大講堂から階段を登っていくと根本中堂があります。この中に安置されている本尊は秘仏という十一面観音です。

石段を登って行くと根本中堂
根本中堂
根本中堂の前立ち観音
根本中堂には秘仏の十一面観音
根本中堂の扁額
暗い林の中にはおかげの井戸

根本中堂から暗い杉林の中を進んでいくと「おかげの井戸」という小さな小屋掛けの井戸があります。この井戸を覗き込んで自分の顔が写ったら3年寿命が延びるとか。

石段の上は大塔跡
大きな石の上に宝篋印塔

さらに暗い杉林の中を登っていくと平清盛の生母、祇園女御が建てたという大塔跡がありました。ここも古い歴史が息づいているお寺です。

 Back