topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 岩国城(横山城)

 城郭の構造:連郭式山城
 築城の時期:慶長6年(1601年)吉川広家
 主な城主:吉川氏
 所在地:山口県岩国市多田
 訪問日:2006年11月7日

 

岩国城は毛利両川の一人、吉川広家により作られた山城です。毛利輝元が関が原の戦いで防長2国36万石に減封された時、毛利氏の存続に尽力した吉川広家は毛利輝元から岩国3万石の所領を与えられここに岩国城を築いたと言います。

ロープウェイで城山へ
ロープウェイから眺める岩国の町
ロープウェイから眺める岩国の町
再建された天守閣
天守閣の中は資料館
石積みを回ると天守閣
三層四階桃山風南蛮造りの城
天守閣の石積み

錦川を見下ろす横山の山頂に3層4階桃山ふう南蛮造りの天守閣が建っています。その後、岩国城は一国一城令により取り壊されました。現在の城は1962(昭和37)年に再建されたものです。

夕日を浴びた瀬戸の島影
天守閣から見下ろす錦川と錦帯橋
天守閣から見下ろす錦川と錦帯橋

天守閣の中にはたくさんの刀が展示された資料館になっていました。

 Back