topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 保寧山瑠璃光寺

 寺社の種類:曹洞宗の寺院
 創建の時期:文明3年(1471年)、陶弘房夫人(開基)、大庵須益(開山)
 所在地:山口県山口市香山町7-1
 訪問日:2006年11月7日

 

瑠璃光寺の歴史は毛利氏以前に中国地方を支配していた大内氏ゆかりのお寺である香積寺にさかのぼります。

大内氏25代の大内義弘が現在の場所に香積寺を建立しました。応仁の乱で敗れた大内義弘の菩提をともらうため五重塔が建てられたと言います。毛利輝元により香積寺が萩に移った後、大内氏の守護代、陶広房の婦人が夫の菩提をともらうため建てた仁保瑠璃光寺を移転したものと言う複雑な歴史を持っています。

日本三名塔の五重塔
五重塔の影を映す大きな池
屋根のカーブが美しい五重塔
小雨に煙る五重塔
司馬遼太郎の「街道をゆく」
優美な屋根で有名な五重塔

境内に入ると右手には小さな池をはさんで五重塔がそびえています。この五重塔は興福寺、醍醐寺とともに日本三名塔のひとつに数えられています。

守護大名、大内広世の銅像
禅寺の簡素な山門
境内には観音像
尺底一残水は禅宗の教え
本堂にはたくさんの観光客
本尊は薬師如来です
荘厳な天蓋が吊るされて
阿弥陀如来像
本堂には弥勒菩薩
目の仏様一畑薬師
水子地蔵も祀られています
閑静な禅寺の境内

本尊は薬師如来、本尊の目の前に座って参拝できるお寺は珍しいものです。小さな庭園には知足の手水鉢がありました。「吾(われ)唯(ただ)足(たるを)知(しる)となる」と読まれ、お釈迦様が涅槃に入られる前に最後の説法で説かれた言葉だと言います。

知足の手水鉢
吾(われ)唯(ただ)足(たるを)知(しる)
知足の手水鉢
閑静な禅寺の境内
毛利家の家紋
全国の五重塔の案内板

境内の土産物を売るお店には健康十則やボケたらあかんなどのコピーが売っていました。

 Back