topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 赤間神宮

 寺社の種類:官幣大社・別表神社
 創建の時期:建久2年(1191年)
 所在地:山口県下関市阿弥陀寺町4-1
 訪問日:2016年9月1日、2006年11月6日

 

赤間神宮は壇ノ浦で亡くなった安徳天皇を祭る神社です。竜宮城を思わせるような山門をくぐると朱塗りも鮮やかな拝殿が建っていました。

拝殿の左側には13段に積み重なった水天供養塔が祀られています。案内板にはこの近郊で水難に遭った人々を供養するものと言います。

その奥には平家物語でお馴染みの耳なし法一の小さなお堂、さらにその奥には壇ノ浦で戦死した平家一門を供養するという七盛塚がありました。この付近は夜になると恐ろし気なところなのかも知れません。

 2016年9月1日訪問

赤間神宮の石鳥居
石段の上に竜宮造の楼門
石段を登ると朱塗りの拝殿
神楽殿の先に拝殿
平家一門の供養塔
耳なし芳一堂
境内から見下ろす神門
朱塗りの拝殿

 2006年11月6日訪問

国道から眺める赤間神宮
夕暮れが迫る関門海峡
竜宮造りの楼門
石段の上に赤間神宮の神殿
朱塗りの神殿
朱塗りの神殿
浅間神宮の楼門
神楽が奉納される舞殿
13段に積み重なった水天供養塔
境内には耳なし芳一のお堂
湯西川の奉納提灯
琵琶を持った耳なし芳一像
平家一門を供養する七盛塚
七盛塚の案内板
薄暗い七盛塚
薄暗い七盛塚
 Back