topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 萩城(指月城)

 城郭の構造:梯郭式平城、山城(指月山)
 築城の時期:慶長9年(1604年)毛利輝元
 主な城主:毛利氏
 所在地:山口県萩市堀内
 訪問日:2016年8月31日、2006年11月6日

 

萩城は戦国の武将、毛利輝元が築いた平山城です。関が原の戦いに西軍の総大将として参加した毛利氏は、戦ののち防長2国36万9千石に減封されました。新たに築いた萩城は日本海に突き出す指月山を詰めの城とし、山麓に本丸、二ノ丸、三ノ丸、三重の堀などをめぐらせた城です。

天守閣や楼などは明治の廃藩置県で取り壊され今は石垣だけが残っています。小高い天守閣跡に立つと四方を山に囲まれ、さらに城郭は島の中に建つという難攻不落の城の面影が残っています。

この城内では毎年正月に江戸幕府への恨みを確認する儀式を行うのが慣わしであったとか、関が原の戦いに敗れた毛利氏の怨念が今に伝わってくるようです。

萩城の城内には日本庭園や萩藩の家老の邸宅、それと古びた神社がありました。しかし観光客も少なく拝観料なども集めていない城内はかなり荒れているようです。城内には萩焼きの窯元や土産物やさんが数件店を出しています。

 2016年9月1日訪問

大手門
萩城の案内板
天守台の石積み
複雑な形の内堀
萩屋敷長屋に天守閣の写真
萩屋敷長屋に萩城の模型
萩屋敷長屋に城下の絵図

 2006年8月31日訪問

指月山を背に石垣だけが残って
大手門をくぐると公園になっています
緑の松に覆われた指月公園
石垣だけが残された天守閣跡
天守閣跡
天守閣跡
天守閣跡
天守閣跡
天守閣跡を案内する案内板
石垣だけが残る天守閣跡
花の江茶亭の日本庭園
花の江茶亭の日本庭園
花の江茶亭
境内に建つ家老宅
 Back