topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 西国観音霊場24番 紫雲山中山寺(しうんざん なかやまでら)

 寺社の種類:真言宗中山寺派のお寺(大本山)
 創建の時期:不明、聖徳太子
 本尊:十一面観世音菩薩
 所在地:兵庫県宝塚市中山寺
 訪問日:2006年11月2日

 

中山寺は聖徳太子により開創したというお寺です。駅前の駐車場に車を停め、阪急中山駅の線路をくぐると大きな山門があります。まだ参拝時間が始まっていないようで境内にはあまり人影もありません。

参道にはたくさんの塔頭があります。七五三参りの旗が棚引く参道を進むと、右手に本堂へ上って行くエスカレータがあります。このお寺は安産の御利益があるとのことで妊婦さんなどもお参りに来るためなのでしょうが、お寺にエスカレータは多少場違いな気もします。

壮大な仁王門
恐ろしげな顔の仁王像
恐ろしげな顔の仁王像
七五三参りの旗がひらめく参道

急な階段を登って行くと参道右手には真新しい五百羅漢堂が建っています。堂内には観音像を中心としてたくさんの羅漢像が祀られていました。

五百羅漢堂
五百羅漢
五百羅漢
五百羅漢堂

参道の左手には朱塗りの柱も鮮やかな閻魔堂が建っています。恐ろしげな顔をした閻魔大王を中心として右手に司命像、左手に司緑像が祀られています。司命は現在の検察官、司緑は書記官と言ったところでしょうか。さらのその左手には罪状秤(ざいじょうばかり)が置かれていました。秤の片方に大きな岩が結ばれて、罪の重い人を吊り下げると岩が持ち上がってしまうとか。

朱塗りの柱も鮮やかな閻魔堂
閻魔大王と司命、司録の像
罪の重さを量る罪状秤
寿老神を祀った寿老神堂
寿老神と子育て地蔵
石段の右手にはエスカレータ

正面の本堂は豊臣秀頼により再建されたと言います。本堂の軒先にはたくさんの灯篭が吊り下げられていました。

本堂
十一面観音を祀る本堂
軒には燈篭が奉納されています
急な石段を登っていくと大師堂

本堂に参拝してから参道脇に建つ塔頭を参拝して行くことにします。普賢菩薩や、虚空蔵菩薩、弁財天、地蔵菩薩などが祀られていました。これらの塔頭と境内の堂宇には十二支に因んだ仏が祀られていることになるのですが、これらすべてを回るのもなかなか時間がかかるようです。

参道にはたくさんの塔頭があります
虚空蔵菩薩を祭った塔頭
境内の塔頭
子安地蔵を祭った塔頭
境内の塔頭
大日如来を祭った塔頭
境内の塔頭
境内の塔頭
不動明王が祀られていました
たくさんの地蔵尊が奉納されています
 Back