topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 西国観音霊場11番 深雪山上醍醐寺(みゆきやま かみだいごじ)

 寺社の種類:真言宗醍醐派のお寺(総本山)
 創建の時期:貞観16年(874年)、理源大師聖宝
 本尊:准胝観音像
 所在地:京都府京都市伏見区日野北山
 訪問日:2006年10月21日

 

京都市内の広い道をしばらく南に下って行くと醍醐寺です。広い駐車場に車を停め上醍醐寺を目指すことにします。

醍醐寺は醍醐山(笠取山)の山麓に境内を持つ大きなお寺です。山上には西国三十三観音霊場の札所である上醍醐寺、山麓には下醍醐寺があります。境内は日本のさくら名所100選にも選ばれたところです。

醍醐寺の駐車場
三宝院の庭園は豊臣秀吉が作ったもの
菊と桐の紋が入った三宝院の山門
醍醐寺の仁王門
恐ろしい顔の仁王像
恐ろしい顔の仁王像

広い醍醐寺の境内を登って行くと女人堂です。昔はここで女人禁制が敷かれていたとか。遥拝堂の前には柄杓で水をかける観音像などが祀られていました。

木立のなかに醍醐寺の五重塔
上醍醐寺への参道がはじまります
しばらく車道を進むと女人堂です
女人堂脇には五体の仏像

ここからは暗い杉林の中を登って行く参道が続いています。しばらく登ったところは豊臣秀吉が醍醐の花見を行ったところとか。当時は桜の花が咲き乱れていたようですが、今は杉林の中で往時の面影はありません。

女人堂脇には五体の仏像
豊臣秀吉が醍醐の花見をした所
10丁目には小さな滝
カメが背負った石碑

道の脇には1丁毎に石柱があります。たどり着いた10丁目には小さな滝と水場がありました。

しばらく急な坂道に汗を流すと18丁目です。ここから参道は少し下り気味に上醍醐寺の社務所に向かって行きます。石段の傍には醍醐水という名水がありした。

上醍醐寺の社務所
石段の傍には醍醐水
名水といわれる醍醐水です
上醍醐寺の本堂は准胝堂

たどり着いた本堂は准胝堂。ここで納経を済ませた後、山頂に建つ開山堂に向かうことにします。緩やかに参道を登ると国宝と言う薬師堂が建っていました。

本堂の准胝堂
納経堂
本堂の准胝堂
国宝の薬師堂

さらに参道を登ると左手には理源大師の銅像が置かれた五大堂。右手には開山堂と如意輪堂が建っています。ここが醍醐山の山頂で正面には京都の街並みが霞んでいました。

理源大師像の銅像が祀られた五大堂
燈篭が奉納された五大堂
五大堂へ登ってくる参道
山頂の如意輪堂
山頂の開山堂
山頂の開山堂
山頂の如意輪堂
開山堂の裏手には上醍醐陵

開山堂の裏手には上醍醐陵があります。皇室の皇女が祭られているとの説明版がありましたが訪れる人も少ないようです。山頂からは札所12番の岩間寺に向かう道が続いているようです。

 Back