topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 西国観音霊場10番 明星山三室戸寺(みょうじょうざん みむろとじ)

 寺社の種類:本山修験宗のお寺
 創建の時期:宝亀元年(770年)、行表和尚
 本尊:千手観世音菩薩
 所在地:京都府宇治市
 訪問日:2006年10月20日

 

宇治川を渡ってしばらく走ると目指す三室戸寺があります。三室戸寺はあじさいの咲く寺として有名なところです。朱塗りの山門をくぐると右手にアジサイの咲く園地があります。花に時期にはたくさんの観光客で賑わうこの寺も、この時期は閑散としています。

急な階段を登って行くと本堂
納経所の前に芭蕉の歌碑
たくさんのハスの鉢が置かれています
たくさんのハスの鉢が置かれています

急な石段を登って行くと本堂の建つ広場です。ここにはハスやスイレンなどを生けた大きな鉢が並べられていました。花の時期にはこの鉢も見応えがありそうです。

千手観音の扁額を掲げる本堂
本堂
千手観音を祭る本堂
奉納額を掲げる本堂

本堂の前には宝勝牛という石像があります。口の中には小さな玉があり、この玉をまわし観音像に触るとご利益があるとか。

宝勝牛の玉を回すとご利益があるとか
本堂
木立の中に三重塔
本堂
境内に祀られた十八神社
境内から見下ろす本堂
枯山水の石庭
池を配した日本庭園

本堂に参拝の後、参道脇の日本庭園を散策しました。そろそろ始まりかけた紅葉を水面に映す池にはたくさんの鯉が泳いでいました。

 Back