topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 西国観音霊場6番 壺阪山南法華寺(つぼさかさん みなみほっけじ)(壺坂寺)

 寺社の種類:真言宗のお寺
 創建の時期:大宝3年(703年)、弁基上人
 本尊:十一面千手観音菩薩
 所在地:奈良県高市郡高取町
 訪問日:2006年10月18日

 

壺坂寺として知られる真言宗のお寺で、お里、沢市の夫婦愛をうたった人形浄瑠璃壺坂霊験記の舞台としても有名です。

石段を登って朱塗りの山門をくぐると大きな本堂が建っています。ちょうど参拝の団体が着いたところで、本堂では僧侶と一緒に読経を始めていました。

朱塗りの堂宇が建ち並ぶ境内
壷坂寺の石柱が建つ仁王門
大講堂と多宝塔
大講堂

朱塗りの堂宇が建ち並ぶ壷坂寺は眼病の御利益があるところとか。このためか盲老人福祉活動のほか東南アジアでもボランティア活動をしていると言います。

内陣に入ると眼病の御利益に因んで歌舞伎の沢市のパネルが展示されていました。沢市の杖もありこれに触れると夫婦仲良く暮らせると言います。

大きな宝篋印塔が建っています
石段の上に三重塔
三重ノ塔と礼堂
千手観音が祀られた本堂

左手の道をしばらく登ると、白い大理石に刻まれた大きな観音像が建っています。その前には同じ白い大理石に刻まれた大涅槃石像。これだけ大きな仏像はあまり見た記憶がありません。

釈迦の一代を刻んだレリーフ
そびえ立つ大観音石像
大涅槃石像と大観音石像
紅葉が始まった境内
大石堂には千手観音像が
大石堂の仏舎利塔

ここからしばらく下ったところにはインドで作られたと言う仏塔です。なかなか見所の多いお寺です。

 Back