topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 西国観音霊場7番 東光山龍蓋寺(とうこうざん りゅうがいじ)(岡寺)

 寺社の種類:真言宗豊山派のお寺
 創建の時期:天智天皇2年(663年)、義淵僧正
 本尊:如意輪観世音菩薩
 所在地:奈良県高市郡明日香村
 訪問日:2006年10月18日

 

龍蓋寺は近くの山に住む龍を池に閉じ込め蓋をしたと伝えられるお寺で、龍蓋寺の山名の由来となっています。日本最初の厄除けの寺としても知られています。

狭い道を登って行くと駐車場です。ここに車を停め階段を登ると朱塗りの山門がそびえていました。広い境内には鐘楼や本堂などが建っています。

岡寺の石柱の先に朱塗りの山門
石段を登ると本堂です
大きな本堂
厄除け観音の奉納提灯を掲げる本堂
本堂にはたくさんの奉納額
厄除け観音の奉納提灯を掲げる本堂

本堂の前に池は竜を閉じ込めた池とか。注連縄を張った小さな石が池から顔を出していましたが小さな石では竜を閉じ込めるには少し役不足のようです。

竜を閉じ込めたと言う小さな池
岡寺の境内
三重塔の前には大師堂
三重塔から眺める岡寺の境内
見上げる三重塔
三重塔から眺める明日香の山里

この観音様は日本最古の厄除け観音と言います。本堂にはたくさんのお守りが並べられていました。

 Back