topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 西国観音霊場1番 那智山 青岸渡寺(なちさん せいがんとじ)

 寺社の種類:天台宗
 創建の時期:仁徳天皇治世(313〜399年)、裸形上人
 本尊:如意輪観音菩薩
 所在地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町
 訪問日:2006年10月16日

 

西国三十三カ所は近畿周辺に点在する古い観音霊場です。養老2年(718年)徳道上人が閻魔大王から授かった三十三の宝印に従い三十三の観音霊場を設けたのが始まりで、その後花山上皇が観音霊場を再興したと伝えられています。

江戸時代になってからは坂東三十三観音霊場、秩父三十四観音霊場の3つの霊場を合わせ百観音霊場が巡拝されるようになりました。

あいにく本堂にはテントが張れられています
古い本堂にはたくさんの千社札

那智の滝から鎌倉時代の石段と言われる急な坂道を登って行くと青岸渡寺です。ここが西国観音霊場の最初の寺です。

宿坊などの先に那智の滝
信徒会館
観光ポスターでもお馴染みの三重塔
ここからは那智の滝が見えるところ

ここから結願の寺華厳寺までの巡礼道はおよそ1000km、近畿から岐阜へと続く長い巡礼の旅の始まりです。

 Back