topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 恐山菩提寺

 寺社の種類:曹洞宗の寺院
 創建の時期:貞観4年(862年)、慈覚大師円仁
 所在地:青森県むつ市田名部字宇曽利山
 訪問日:2006年8月10日

 

下北半島の中央に位置する宇曽利湖は剣山の噴火によりできたカルデラ湖です。鶏頭山、地蔵山、剣山、大尽山、小尽山、北国山、屏風山、釜臥山の八つの峰が外輪山として宇曽利湖をとりまき、湖畔には恐山があります。

恐山は慈覚大師円仁を開山とする古くからの霊場で、白山、立山と並び日本三大霊場の一つと言われています。

広い駐車場にはお地蔵さん
参道の先には恐山の扁額を掲げる山門
硫黄の匂いが鼻を付く地獄めぐり
地獄めぐりから眺める八角堂

恐山に向かう県道4号線は参道として古くからたくさんの人が歩いた道のようで、道端には赤い着物を着た観音象が祀られています。この世とあの世を分ける三途の川という赤い太鼓橋の脇を進むと広い駐車場です。すでに4時を過ぎていましたが観光バスなども停まっていました。

大きな山門をくぐると硫黄の匂いが鼻を衝きます。広い参道を進むとガイドブックにも紹介されている古滝の湯や冷抜の湯がありました。参拝者は無料で入浴できると言いますが、誰も入っていないお風呂は入りにくものです。

血の池地獄という赤い池
小山の上に地蔵菩薩が祀られていました

地蔵堂に参拝した後、硫黄の匂いが鼻を付く地獄めぐりです。黒く変色した岩には無間地獄など地獄にちなんだ名前が付けられています。八角堂の奥には血ノ池地獄と名付けられた小さな池、その奥は賽ノ河原など、付近はまさにここは地獄の世界です。

やがて宇曽利湖の湖畔に出ると白い砂浜です。ここは極楽の世界とか。青い水をたたえる湖の先には外輪山の八峰が並んでいるようですが今日は低い雲の中にその姿を隠していました。

宇曽利湖を眺める五智山展望台
五智山展望台の先には白い砂浜

恐山を有名にしたのはいたこ。死者を呼び寄せると言ういたこの口寄せは今も残っているようですが閑散とした境内にはそれらしい店もありませんでした。

 Back