topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 小峰城(白河小峰城)

 城郭の構造:梯郭式平山城
 築城の時期:暦応3年(1340年)、結城親朝
 主な城主:結城氏、蒲生氏、丹羽氏、松平氏、阿部氏など
 所在地:福島県白河市
 訪問日:2006年6月5日

 

白河にある小峰城は日本百名城の一つで国の史跡に指定されています。

南北朝時代に結城親朝により築城されたのち豊臣秀吉の奥州仕置きなどにより、蒲生氏、丹波氏、松平氏など城主が交代しました。江戸末期には幕領となりました。

戊辰戦争では奥州越列藩同盟軍と新政府軍の攻防の舞台となったところです。慶應4年4月〜7月の約100日にかけて繰り広げられた激戦により、小峰城は落城し焼失しました。

城門脇から見上げる天主閣
天主閣

小峰城を訪ねたのは那須岳へ登った帰り道です。城山公園の石段を回り込むように登っていくと平成6年に再建されたと言う三重御櫓が建っています。ここは復興天主閣には珍しい木造の建物です。

三重櫓に立つと、白河の町並みが広がっています。城内のバラ園ではバラ祭りが開かれていましたが閉門の時間が迫り始めていました。

 Back