topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 高田城(鮫ヶ城、関城、高陽城)

 城郭の構造:輪郭式平城
 築城の時期:慶長19年(1614年)、松平忠輝
 主な城主:松平氏、稲葉氏、榊原氏
 所在地:新潟県上越市本城町
 訪問日:2005年5月31日

 

高田城は慶長19年(1614年)3月、家康の六男である松平忠輝の居城として伊達政宗、上杉景勝、小笠原秀政などをはじめとする13大名が参加し普請した天下普請の城。大阪冬の陣が切迫していることから僅か4ヶ月で竣工した城です。

このためか石垣を用いず、また城のシンボルである天守閣も造らず、代わりに三重櫓が建てられたと言います。

高田城の天守閣
復元された天守閣
天守閣から見下ろす本丸

松平忠輝の改易後は徳川譜代の大名が頻繁に城主交代を繰り返したました。他の城と同じように明治時代には廃城。その後は陸軍第13師団の基地となったためか城地は大きく改変され、往時の面影は大きな堀と三重櫓のみと言います。

この公園は3000本を越える桜が咲き乱れる桜の名所とか。広い堀は折からの桜の新緑を映し緑色に染まっていました。平成に再建されたと言う真新しい三重櫓の中に入ると、高田城の歴史や高田城の城主であった榊原氏にまつわる資料などが紹介してありました。

 Back