topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 名古屋城(金鯱城、金城、柳城、亀屋城、蓬左城)

 城郭の構造:梯郭式平城
 築城の時期:慶長14年(1609年)、徳川家康
 主な城主:尾張徳川家
 所在地:愛知県名古屋市中区本丸
 訪問日:2005年3月26日

 

名古屋城は、徳川家康が東海道の要所として、また大坂方への備えとして清須から名古屋へ城を移すことを決意した慶長15年(1610年)に着工、慶長17年(1612年)に完成を見た代表的な平城です。

普請は加藤清正、福島正則、前田利光など北国、西国の大名で、城内の石垣には各大名や家臣たちが刻んだ刻紋が多数残っています。

本丸御殿跡から見上げる天守閣
本丸には屋台も店を出し

徳川御三家の筆頭、尾張家17代の居城となっていましたが昭和20年の戦災で天守閣をはじめ本丸御殿などの城郭も焼失。現在の天守閣は昭和34年(1959年)の再建と言います。

伊勢音頭にも「伊勢は津で持つ、津は伊勢で持つ、尾張名古屋は城で持つ」と歌われた名城です。

天守閣に登ります
天守閣から名古屋の街並み

名古屋城では愛知万博に合わせ名古屋城博が開催かれている。場内にはたくさんの屋台が軒を並べ、多くの家族連れで賑わっていました。

名古屋城と言えば金のしゃちほこ。愛知万博に合わせ天守閣から下ろされ、場内のドームで一般に公開されています。しゃちほこは雌雄一対で、雄が8尺5寸(約2.58メートル)、雌が8尺3寸(約2.51メートル)とかなり大きなものです。当初は慶長大判で1940枚、時価にして約3億2600万円の金が使われたと言います。

名古屋城博

このためしゃちほこ盗難の歴史も多く、古くは凧に乗ってしゃちほこの鱗を3枚盗んだという怪盗・柿木金助の伝説、明治以降にも名古屋城駐屯の兵卒による盗難の話が残っていると紹介されていました。

 Back