topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 エビネ 

 名 前
エビネ
 和 名
海老根 
 科目名
ラン 
 属 名
エビネ 
 分 布
北海道(西南部)・本州・四国・九州 
 生育地
山地や丘陵の林下 
 分 類
多年草 
 花 期
4〜5月 
 花の色
淡茶色 
 高 さ
20〜30cm 
 別 名
 
エビネ
2017.05.28 大倉尾根
平地・丘陵地の林の下に生える多年草。偽球茎は球状で横に数個連なることから海老の尻尾に例えられ名前が付いたと言います。葉の間から花茎を出し総状に花を付けます。
花の色が株により微妙に違うことから乱獲され、今では野生の株は少なくなっています。
葉は長楕円形から倒卵状披針形、質は薄く先が尖る。花茎に多数の花を付ける。花はほぼ横向きに平開する。
エビネ
2017.05.28 大倉尾根
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back