topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 タイツリオウギ 

 名 前
タイツリオウギ
 和 名
鯛釣黄耆 
 科目名
マメ 
 属 名
ゲンゲ 
 分 布
北海道・本州(中部以北) 
 生育地
亜高山帯から高山帯の砂礫・草地 
 分 類
多年草 
 花 期
7〜8月 
 花の色
白色 
 高 さ
30〜60cm 
 別 名
 
亜高山帯から高山帯の砂礫・草地に生える。淡黄色の蝶形花を咲かせる。中国、朝鮮半島では、生薬として使用される。
葉は互生し奇数羽状複葉、小葉は17〜21対、花は3〜6個でやや黄白色、葉の付け根に巻きひげがある。鞘はくびれのない赤色。
イワオウギに似た花
イワオウギシロウマオウギ、タイツリオウギ
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back