topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 ホトケノザ 

 名 前
ホトケノザ
 和 名
仏の座 
 科目名
シソ 
 属 名
オドリコソウ 
 分 布
本州・四国・九州・琉球 
 生育地
平地・丘陵地の路傍 
 分 類
1〜2年草 
 花 期
4〜6月 
 花の色
淡赤色 
 高 さ
10〜30cm 
 別 名
カスミソウ、サンガイグサ、ホトケノツズレ 
平地・丘陵地の路傍に生える二年草。扇形の葉が対生し、仏像の台座(蓮台)を思わせる花です。茎上部の葉の脇に鮮やかな赤紫色の花を輪生させます。さらに濃い赤の閉鎖花も多数付けます。閉鎖花の中では、雄しべが自分の花粉を雌しべに渡して自家受粉します。
春の七草のホトケノザはキク科のコオニタビラコのことです。
葉は対生し扇状円形で光沢がある、上部の葉脇に紅紫の唇形花を付ける。
ホトケノザ
2013.03.10 自宅周辺
ホトケノザ:九十九里町栗生
2009.03.28 九十九里町栗生
ホトケノザ:あけぼの山公園
2007.02.02 あけぼの山公園
ホトケノザ:江戸川河川敷
2006.02.15 江戸川河川敷
 
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back