topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 カラスビシャク 

 名 前
カラスビシャク
 和 名
烏柄杓 
 科目名
サトイモ 
 属 名
ハンゲ 
 分 布
北海道・本州・四国・九州・琉球 
 生育地
平地・丘陵地の畑地 
 分 類
多年草 
 花 期
5月下旬〜7月上旬 
 花の色
緑色 
 高 さ
40cm 
 別 名
ハンゲ(半夏) 
カラスビシャク
2015.06.15 舞岡公園遊歩道
平地・丘陵地の畑地に生える多年草。蛇の頭のような花を付けます。地下部の塊茎を半夏(はんげ)と言い、嘔吐を鎮める薬として利用します。
葉は3小葉で楕円形〜披針形。花茎の先端に筒状で上部が開いた仏炎苞を付ける。
カラスビシャク
2015.06.15 舞岡公園遊歩道
カラスビシャク
2015.06.15 舞岡公園遊歩道
カラスビシャク
2015.06.15 舞岡公園遊歩道
カラスビシャク
2012.07.23 新松戸周辺
カラスビシャク:水元公園
2010.06.02 水元公園(...
カラスビシャク:竹生島
2007.05.12 竹生島
 
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back