topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 オオバミゾホオズキ 

 名 前
オオバミゾホオズキ
 和 名
大葉溝酸漿 
 科目名
ゴマノハグサ 
 属 名
ミゾホオズキ 
 分 布
北海道・本州(中北部・日本海側) 
 生育地
亜高山の湿地や沢沿い 
 分 類
多年草 
 花 期
7〜8月 
 花の色
黄色 
 高 さ
20〜35cm 
 別 名
サワホオズキ 
亜高山帯の湿地や水気の多いところに生える多年草。長卵形の葉は無柄で、縁に目立つ鋸歯があります。葉の付け根から花柄を出して、ラッパ状の花を1個付けます。花冠の内側に赤茶色の斑点があります。果実は大きな萼に包まれてホオズキの実に似ています。
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back