topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 ムラサキハナナ 

 名 前
ムラサキハナナ
 和 名
紫花菜 
 科目名
アブラナ 
 属 名
ムラサキハナナ 
 分 布
帰化植物 
 生育地
平地・田畑・道端など 
 分 類
一年草〜越年草 
 花 期
3〜5月 
 花の色
紫色 
 高 さ
20〜50cm 
 別 名
ショカツサイ(諸葛采)、オオアラセイトウ、ハナダイコン 
ムラサキハナナ:岩間町
2009.03.29 岩間町
中国原産の帰化植物。江戸時代に渡来し戦後になって全国的に広がったと言われています。道端や畑のふちなどに半野生化しています。秋に発芽して根出葉で越冬し、春に茎をのばして大きな紫色の十字形を付けます。
根生葉は羽裂して茎葉は長倒卵形で基部は茎を抱く。花は紫色の十字花で黄色い葯が目立つのが特徴。
ムラサキハナナ:岩間町
2009.03.29 岩間町
ムラサキハナナ:江戸川周辺
2007.03.23 江戸川周辺
ムラサキハナナ:江戸川周辺
2007.03.16 江戸川周辺
ムラサキハナナ:江戸川周辺
2007.03.16 江戸川周辺
 
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back