topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~似た花の比較~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~似た花の比較~

 ランに似た花 

アツモリソウ
分布:北海道・本州(中部以北)
生育:草原・明るい疎林
特徴:茎の頂上に赤紫色の袋状の花を1個付けます。葉は3〜5枚が互生します。
イチヨウラン
分布:北海道・本州(近畿以北)・四国
生育:亜高山帯の針葉樹林下
特徴:葉は先の尖った楕円形で1枚付く。茎先に花を1輪付ける。唇弁は白で紫色の斑紋があり3裂する。
エビネ
分布:北海道(西南部)・本州・四国・九州
生育:山地や丘陵の林下
特徴:葉は長楕円形から倒卵状披針形、質は薄く先が尖る。花茎に多数の花を付ける。花はほぼ横向きに平開する。
カモメラン
分布:北海道・本州(中北部・紀伊)・四国
生育:亜高山のやや湿った林内や崩壊地
特徴:葉は楕円形で1枚
キバナノアツモリソウ
分布:北海道・本州中部
生育:草原や落葉樹林尾下
特徴:
キンラン
分布:本州・四国・九州
生育:平地・丘陵地の林の下
特徴:葉は対生し披針形、先は尖り縦に粗いひだがある。花は黄色の5弁花を3〜10輪付ける、唇弁に赤い筋が入る。
ギンラン
分布:本州・四国・九州
生育:低地〜山地の林内
特徴:葉は互生し長楕円形で幅広で短い。茎上部に白い花が5〜10個付ける。花冠は全開しない。
クマガイソウ
分布:北海道(南西部)・本州・九州
生育:山地の林内
特徴:葉は扇状円形で2枚が対生する。茎の先に袋を下げたような淡緑色の花を付ける。
コイチヨウラン
分布:北海道・本州(中北部)・四国(剣山)
生育:亜高山の針葉樹などの暗い林
特徴:柄のある広卵形の葉を1枚付ける。黄色で茶色の斑紋がある花を2〜7個付ける。
サイハイラン
分布:北海道・本州・四国・九州
生育:低地〜山地の林内の薄暗い所
特徴:葉は長い楕円形で1〜2枚根生する。淡黄褐色〜淡紅紫色の花を多数付ける。花弁は長く采配のように見える。
ササバギンラン
分布:北海道・本州・四国・九州
生育:平地・丘陵地・山地の樹林下
特徴:葉は長楕円状披針形〜線状披針形で細長い。葉の裏面や渕、茎に毛が生える。白い花を2〜10輪付ける。花は平開しない。
サワラン
分布:北海道・本州(岡山以北)
生育:山地の明るい湿地
特徴:葉は一枚で線状披針形。花色はトキソウよりも濃い紅色で平開しない。
シュンラン
分布:北海道(奥尻島)・本州・四国・九州
生育:平地・丘陵地の落葉樹林の林床
特徴:葉は線形で質は硬く根生する。茎先に淡黄緑色の花を横向きに付ける。
タシロラン
分布:本州(関東南部)・四国・九州
生育:常緑広葉樹や杉林の林床
特徴:全体に白黄色を帯びる。茎先に淡茶褐色の花を付ける。
テガタチドリ
分布:北海道・本州(中北部)
生育:亜高山〜高山の明るい草地
特徴:葉は互生し広線形。花茎に淡紅色の花を多数付ける。距が長い、花被片の先が丸いのが特徴。
トキソウ
分布:北海道・本州・四国・九州
生育:平地・丘陵地の陽湿地
特徴:葉は披針形、花の下にある小さな葉は苞葉。淡赤色の花を1輪付ける、唇弁は3裂する。
ネジバナ
分布:北海道・本州・四国・九州
生育:平地・丘陵地の草地
特徴:葉は幅の広い線形で根生する。茎先に淡赤色の小花が捻じれて付く。
ノビネチドリ
分布:北海道・本州(中北部)・四国・九州
生育:低地〜亜高山帯の林縁や草地
特徴:葉は長楕円形で縁は波を打つ。花茎の先に淡紅色の花を多数付ける。唇弁の先は3つに裂ける、距短い。
ハクサンチドリ
分布:北海道・本州(中北部)
生育:山地〜高山の草地や湿地
特徴:葉は披針形。花茎の先に淡紅色の花を多数付ける。花被弁の先が鋭く尖る。
ホテイアツモリソウ
分布:北海道・本州中部
生育:山地の草原
特徴:花が大きく色も濃い。唇弁もやや円いのが特徴。
ミヤマモジズリ
分布:北海道・本州(中北部)・四国
生育:亜高山の針葉樹林下
特徴:葉は長楕円形で2枚根生する。茎先にわずかに捻じれた淡赤色の小花を多数付ける。
 Back