topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~似た花の比較~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~似た花の比較~

 トウヒレンに似た花 

ウスユキトウヒレン
分布:北海道(大雪・夕張・北日高・羊蹄山)
生育:高山の砂礫地
特徴:葉は質が厚く披針形から卵形など変異が大きい、葉の両面にクモ毛がある。
クロトウヒレン
分布:本州(中部〜関東)
生育:亜高山〜高山帯の草地
特徴:シラネアザミの変種。シラネアザミには花柄があるがクロトウヒレンには花柄がないことで見分けられます。
セイタカトウヒレン
分布:本州(関東〜岡山)
生育:山地の草原
特徴:茎に狭い翼が付く、茎葉は心形〜広卵形、縁に不規則な鋸歯。総苞は黒紫。
タカオヒゴダイ
分布:本州(東京・神奈川)
生育:山地の林下
特徴:根生葉や下部の葉はバイオリン形、頭花は淡赤紫で総包は鐘形、総包片は中ほどから反り返る。
タカネヒゴダイ
分布:本州(中部)
生育:高山の礫地
特徴:葉は卵状長楕円形で縁は大きく切れ込む、頭花は茎先に2〜7個付く。総苞は筒形で黒紫色、総包外片の先は尾状に伸びる。
ナガバノキタアザミ
分布:北海道・本州(北部)
生育:亜高山帯〜高山帯の砂礫地や草地
特徴:葉は三角状卵形で質はやや厚い、基部は細い翼状になる。
ヤハズヒゴタイ
分布:本州(関東〜中部)
生育:低山〜亜高山の草地、林縁
特徴:中部地方の太平洋側に多い、茎に翼があり直立する、葉は卵型〜長楕円形で深く切れ込み長い柄がある、頭花は多数付くのが特徴。
ユキバヒゴタイ
分布:北海道(夕張岳)
生育:高山帯の蛇紋岩地
特徴:夕張岳の特産種、葉は広卵形で緑色で光沢がある、裏面は綿毛が密生している。
 Back