topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 日本の神様の系図

 素戔嗚尊・須佐之男命(すさのうのみこと)

日本神話に登場する神で出雲神話の祖神とされています。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)伊弉冉尊(いざなみのみこと)の子で天照大神の弟とされています。

高天ヶ原で多くの乱暴を行ったことで天照大神が怒り天の岩戸にこもり、高天ヶ原から追放されました。出雲に下り八岐大蛇を退治し奇稲田姫命(くしなだひめ)を救ったとされています。

 

 奇稲田姫命・櫛名田比売(くしなだひめ)

日本神話に登場する神。八岐大蛇退治の説話に登場します。生贄にされそうになっていたところを素戔嗚尊に助けられ妻になったとされています。

 

 伊弉諾尊・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

古事記に登場する神、伊弉冉尊(いざなみのみこと)とともに天つ神の命でおのころ島をつくって天降り、国生みと神生みを行った男神です。

黄泉国(よもつくに)の汚穢(けがれ)を禊(みそぎ)した際に、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読尊(つきよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの神が生まれました。

 

 伊弉冉尊・伊邪那美命(いざなみのみこと)

古事記に登場する神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と結婚し、国生みと神生みを行った女神。火神を生んで死に黄泉国(よもつくに)を支配する黄泉大神となりました。

 

 迦具土神(かぐつちのかみ)、火之迦具土神(ほのかぐつちのかみ)火産霊神(ほむすびのかみ)

古事記に登場する神で、伊邪那岐尊伊邪那美命によって生み出された最後の神です。出産時に伊邪那美命の陰部に火傷ができ、これがもとで伊邪那美命は死んでしまいます。怒った伊弉冉尊は十拳剣天之尾羽張(あめのおはばり)で殺してしまします。

迦具土神の血や死体からは多くの神が生まれました。

 

 塩土翁神(しおつちおおのかみ)

日本神話に登場する神様、塩竈明神とも言います。古事記では塩椎神(しおつちのかみ)、日本書紀では塩土老翁・塩筒老翁と表記します。別名は事勝国勝長狭神(ことかつくにかつながさ)

神武東征の際には東方に良い国があることを天皇に教えたとされています。

海幸(うみさち)山幸神話では、兄海幸彦の釣り針をさがしあぐねている山幸彦(彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと))に海神(わたつみ)の宮への道筋を教えたとされています。

 

 大山積神、大山津見神(おおやまつみのかみ)大山祇神(おおやまづみのかみ)

日本神話に登場する神。別名 和多志大神、酒解神。日本書紀は大山祇神、古事記では大山津見神と表記します。

古事記では、伊弉諾尊伊弉冉尊との間に生まれました。日本書紀では伊弉諾尊が軻遇突智を斬った際に生まれたとしています。

八岐大蛇に登場する足名椎(あしなずち)手名椎(てなずち)や木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)の父であり天津神(あまつかみ)に対する大地の国津神(くにつかみ)として登場する神様です。山をつかさどる神で、水の神、田の神としても信仰されています。

 

 天照大神、天照大御神(あまてらすおおかみ)、大日女尊(おおひるめのみこと)、大日霊貴神(おおひるめのむちのかみ)

日本神話で高天原(たかまがはら)の主神。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の娘。太陽神であり皇室の祖神として伊勢神宮の内宮に祭られています。

素戔嗚尊(すさのおのみこと)の乱暴に天の岩戸にこもり国中が暗闇になったという岩戸神話や孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を葦原中国に降臨させた天孫降臨の神話が知られています。

 

 八幡大神(やはたのかみ、はちまんおかみ)、誉田別命、品陀別命(ほんだわけのみこと)

日本で信仰される神で、清和源氏、桓武平氏など全国の武家から弓矢八幡として崇敬を集めました。誉田別命(ほんだわけのみこと)とも呼ばれ、応神天皇と同一とされます。

また早くから神仏習合がなり、八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)として神宮寺が祀られました。

 

 事代主神(ことしろぬし)

出雲神話の神。大国主命の子です。国譲りを要求する高天原からの使者に対し、大国主神にかわって国譲りの誓約をしました。神の託宣をのべる役割をもつとされます。

 

 大国主命(おおくにぬしのみこと)大己貴命・大穴牟遅神(おおなむちのみこと)

出雲神話の神。素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子または孫です。少彦名神(すくなびこなのかみ)とともに、中つ国の経営を行っましたが、天照大神(あまてらすおおみかみ)の使者が来ると国土を献上してみずからは隠退しました。

大黒天と同一視されるようにもなりました。因幡(いなば)の白兎の神話は唱歌にも歌われています。

 

 豊受大神(とようけおおかみ) /豊宇気毘売神(とようけひめ)/豊受大御神(とようけのおおみかみ)

食物の神さまとして天照大御神の御饌の神として伊勢神宮に下宮に祀られる神様です。

 

 天穂日命(あまのほひのみこと)

日本神話に登場する神、天照大神(あまてらすおおみかみ)の子供です。天孫降臨に先立って葦原(あしはら)の中つ国に遣わされたが、大国主神(おおくにぬしのかみ)に味方して復命せずのちに大国主神の祭主を命じられたと言います。出雲(いずも)氏、土師(はじ)氏らの祖先神です。

 

 市杵島姫尊/市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)

神仏習合本地垂迹の考えのもと、市杵島姫神が美しい水の神であることからインドの神様である弁才天と同一視されました。

 

 湍津姫尊/多岐都比売命(たぎつひめのみこと)

日本神話に登場する神、天照大神(あまてらすおおみかみ)素戔嗚尊(すさのおのみこと)との誓約(うけい)の時に生まれた宗像三女神の一です。福岡県の宗像大社の中津宮の祭神です。

 

 田心姫命/多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)

日本神話に登場する神、天照大神(あまてらすおおみかみ)素戔嗚尊(すさのおのみこと)との誓約(うけい)の時に生まれた宗像三女神の一です。福岡県の宗像大社の沖津宮の祭神です。

 

 石鎚毘古命/石土毘古命/石鎚大神(いしづちひこのみこと)

石鎚神社の主祭神です。石鎚神社では仁、智、勇の3つの神徳を表すために宝持神像、鏡持神像、剣持神像の3体の神像を祀っています。

 

 大宜都比売神、大気都比売神(おおげつひめのかみ)、大食津姫命(おおみけつひめのみこと)

食物をつかさどる女神。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の子。素戔嗚尊(すさのおのみこと)が食物を求めたとき、鼻、口、尻から食物を取り出して奉ったため、怒った尊に殺されました。その死体から蚕および五穀が生じたと言います。

 

 天石門別八倉比売命(あまのいわとわけやくらひめのみこと)

天照大神の別名であるとされています。

 

 天日鷲命(あめのひわしのかみ)

日本神話に登場する神。阿波国を開拓し穀麻を植えて紡績の業を創始した阿波忌部氏の祖神。

 

 大麻比古命(おおあさひこのみこと)

日本神話に登場する神。天太玉命(あめのふとだまのみこと)のこととされます。占いの神、神事の神として信仰され、天岩戸の神話にも登場します。天孫降臨では、瓊瓊杵尊に従って天降るよう命じられ、五伴緒の一人として随伴しました。

 

 猿田彦神(さるたひこのかみ)

日本神話に登場する神。天孫降臨に登場する神で、天照大神に遣わされた瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を道案内した国津神です。伊勢国五十鈴川のほとりに鎮座したとされ、中世には庚申信仰や道祖神と結びつきました。

 

 宗像三女神

市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)/狭依毘売命/市寸島比売命湍津姫神(たぎつひめのかみ)/多岐津姫神/田寸津比売命田心姫神(たごりひめのかみ)/多紀理毘売命/田霧姫命/奥津島比売命の総称

宗像大社で海上交通の守護神として祀られ、田心姫神が沖津島の沖津宮に、湍津姫神が大島の中津宮、市杵島姫神が田島の辺津宮に祀られています。

 

 田村大神

田村神社に祀られた倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)五十狹芹彦命(ひこいさせりひこのみこと)/吉備津彦命猿田彦大神(さるたひこおおかみ)天隠山命(あめのかぐやまのみこと)/高倉下命天五田根命(あめのいつたねのみこと)/天村雲命の総称

 

 天隠山命(あめのかぐやまのみこと)/高倉下命

日本書記によると天孫降臨に随伴した神々のなかの一神です。神武天皇の御東征の際に窮地を救った神で、のちに御子天五田根命と共に紀伊国より讃岐に渡り山河をもって国郡の境界を分つなど開拓水利の基を定めました。

 

 天五田根命(あめのいつたねのみこと)/天村雲命

饒速日命(にぎはやひのみこと)の孫、天香山命(あめのかぐやまのみこと)の子。天孫降臨ののち、葦原中国の水質がよくないため天照大神の命をうけ改良したとされています。

 

 大物主命(おおものぬしのみこと)

大和の三輪山に鎮座する神で大神神社の祭神。大国主(おおくにぬしの)神の異名とも言います。国津神の代表的存在で国譲り後たくさんの国津神をひきいて皇孫を守ったなどおおくの説話を持つ神です。蛇の姿をしており農業の守護神でもある。

 

 宇迦御魂命・宇迦之御魂神・倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

古事記、日本書記に登場する神です。須佐之男命と神大市比売の子です。農耕の神、商工業の神、商売繁盛の神としても信仰されていて全国の稲荷神社で祀られています。

 

 大宮売命(おおみやのめのみこと)/大宮女神(おおみやめのおかみ)/天鈿女命(あめのうずめのみこと)

稲荷大神五柱の一神の女神様で商売繁栄の神です。天太玉命(あめのふとたまのみこと)の御子とされる。また天鈿女命(あめのうずめのみこと)と同一神とも言われています。

天鈿女命は天石屋戸にこもってしまった天照大御神を外に連れ出すために、天石屋戸の前で踊り、天照大神の興味をひいた芸能の神です。

 

 木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)神阿多都比売命(かむあたつひめのみこと)、葦津姫命(かやつひめのみこと)

日本神話に登場する神様。古事記では瓊々杵命(ににぎのみこと)の妻となります。富士山の神とされ各地の浅間神社で祀られています。子育ての神、子安神としても篤く信仰されています。

 

 彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)

日本神話に登場する神様。日本神話で瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の子。母は木花開耶姫(このはなのさくやびめ)。山幸彦の名で知られ海神の娘豊玉姫(とよたまひめ)と結婚ししました。。

 

 経津主神(ふつぬしのかみ)

日本神話の神。日本書紀のみに登場し古事記には登場しない。磐筒男神(いわつつのおのかみ)と磐筒女神の子。香取神宮の祭神です。天孫降臨に先立って出雲に行き大己貴命(おおなむちのみこと)を説いて国土を献上させた。香取神宮の祭神。

 

 久那戸神/岐の神(くなどのかみ)

道の分岐点などに祭られる神。邪霊の侵入を防ぎ旅人を守護する神様です。道祖神、塞の神とも呼ばれています。

 

 天鳥船神(あめのとりふねのかみ)/鳥之石楠船神(とりのいはくすのかみ)

古事記では伊弉諾尊(いざなきのみこと)伊弉冉尊(いざなみのみこと)が生んだとする神様。国譲りの神話では天鳥船神が建御雷神の副使として葦原中国に遣わされたとされています。

天鳥船神は神が乗る船の名前でもあります。このことから船の神、運輸・交通の神されています。

 

 住吉三神(すみよしさんじん)

神話に登場する神様、底筒男命(そこつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつのおのみこと)、表筒男命(うわつつのおのみこと)の3神の総称です。海上交通安全の神様として崇拝されています。大坂の住江(住之江)の豪族の氏神だったとされています。

 

 武甕槌神/建御雷神(たけみかづちのかみ)

日本書紀のみ登場する神様。死んだ伊邪那美命(いざなみのみこと)との別れを決意した伊弉諾命(いざなぎのみこと)が、別れの決意を固くするために唾を吐き口を拭ったときに生まれた神様です。

 

 速玉之男命、速玉雄命(はやたまのお)

日本書紀のみ登場する神様。死んだ伊邪那美命(いざなみのみこと)との別れを決意した伊弉諾命(いざなぎのみこと)が、別れの決意を固くするために唾を吐き口を拭ったときに生まれた神様です。

 

 高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)

高句麗からの渡来人、高句麗王族と見られるが出自は不詳。高句麗の滅亡により大和朝廷に仕えました。武蔵国に高麗人が集められ高麗郡が置かれるとその郡長に任命されました。

 

 武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)

記紀によれば孝元天皇の子孫、日本最初の大臣です。神功皇后の新羅征伐に従軍し、景行、成務、仲哀、応神、仁徳の二百数十年間の天皇に仕えたと言います。蘇我、葛城、平群(へぐり)、巨勢(こせ)の4氏の祖とも言われています。

 

 国常立命/国底立尊(くにとこたちのみこと)

日本書紀によれば天地開闢の最初に出現した神様。国狭槌(くにのさつち)尊、豊斟渟(とよくむぬ)尊とともに独化の三神と言われる神様です。

 

 少彦名命(すくなびこなのみこと)

古事記では神産巣日(かんむすひ)神の、日本書紀では高皇産霊(たかみむすひ)尊の子です。大国主神の国土経営に協力したが伯耆国淡島で粟茎(あわがら)に弾かれて常世(とこよ)国に行ったとされています。

 

 清貫一誠霊神

信州木曾御嶽山の行者、鴨下清八 文久三年(1863年)から昭和三十一年(1956年)秩父御嶽神社を創設しました。

 

 五十猛命(いたけるのみこと)

日本書紀によると、素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子。木種をもって天降り、大八洲国をことごとく青山にしたと言います。古事記にみえる大屋毘古命(おおやびこのみこと)と同一神とされます。

 

 日本武尊/倭建命(やまとたけるのみこと)

日本の古代史における伝承上の英雄。景行天皇の皇子です。気性が激しいため天皇に敬遠され、九州の熊襲(くまそ)や東国の蝦夷(えぞ)の討伐に遣わされたといわれています。風土記なども含めてさまざまな伝説が残っています。

 

 火雷大神(ほのいかづちのおおかみ)/雷神(いかづちのかみ)/八の雷神(やくさのいかづちのかみ)

黄泉の国で伊弉冉命の体から生まれた八柱の雷神、頭から生じたのが大雷、胸に生じたのが火雷、腹に生じたのが黒雷、股に生じたのが析雷、左手に生じたのが若(わき)雷、右手に生じたのが土雷、左足に生じたのが鳴雷、右足に生じたのが伏雷だとなされています。雷のあとには雨が降ることから水の神として恵みをもたらす神とされています。

 

 別雷神(わけいかずちのかみ)

賀茂別雷神社の祭神。大山咋(おおやまくい)神と玉依(たまより)姫の間の子。大山咋神が丹塗矢となって流れ玉依姫がそれを拾って懐妊したと伝える。

 

 天御鉾命(あめのみほこのみこと)

太古の昔より機織を司る神です。機織、織物の神として信仰されています。

 

 八千々姫命(やちぢひめのみこと)

皇太神宮御料の織物を織って奉納していた神様。機織、織物の神として信仰されています。

 

 権現造(ごんげんづくり)

本殿と拝殿とを石の間または相(あい)の間でつないだ神社建築様式。平安時代に始まり桃山時代から盛んになりました。日光東照宮本殿が代表的で東照大権現の名をとって権現造と言います。

 

 入母屋造(いりもやづくり)

寄棟造の上に切妻造を載せた形で社寺建築に広く採用されています。法隆寺の金堂や玉虫厨子などにみられる建築様式です。

 

 神明造(しんめいづくり)

神社本殿の建築様式の一つ。素木造(しらきづくり)、切妻造で、屋上に千木(ちぎ)堅魚木(かつおぎ)を載せます。伊勢神宮が代表例です。

 

 八幡造(はちまんづくり)

神社本殿の建築形式の一つ。切妻造りの社殿二つを前後につなぎ両方の屋根が接する部分に樋(とい)を設けたもの。宇佐神宮石清水八幡宮の本殿などにみられる様式です。

 

 流造(ながれづくり)

神社建築様式の一つ。屋根の前のほうが長く伸びて向拝をおおい、庇と母屋が同じ流れで葺いてあるのでこの名がある。

正面の柱が2本であれば一間社流造、柱が4本であれば三間社流造という。奈良時代末〜平安時代に成立し広く各地に流布しました。

 

 春日造(かすがづくり)

神社本殿の建築形式の一つ。切妻造の妻入りで正面に片流れの庇が接続する。春日大社本殿に代表され近畿地方にこの形式が多い。

 

 切妻造(きりつまづくり)

屋根を棟から両側へふきおろしその両端を棟と直角に切った屋根の様式。ちょうど本を開いて伏せたような形になります。

 

 建比良鳥命(たけひらとりのみこと)/武日照命(たけひなてるのみこと)/武夷鳥命(たけひなどりのみこと)/天夷鳥命(あめのひなどりのみこと)/天日照命(あめのひなでりのみこと)

国譲り神話のなかでは高天原より葦原中国へ派遣されたが、大国主神に媚びて3年のあいだ滞留し復命しなかったと語られている。

 

 邇邇芸命/瓊瓊杵尊/瓊々杵尊/彦火瓊瓊杵/火瓊瓊杵(にぎにぎのみこと)、天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)

日本神話に登場する神様。天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫。天忍穂耳尊(あまのおしほみみのみこと)の子。天照大神の命で葦原の中つ国を統治するため、高天原から高千穂峰に天降ったとされる。木花開耶姫(このはなのさくやびめ)を妻とし、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)を生んだ。

 

 天鈿女命/天宇受売命(あめのうずめのみこと)

日本神話に登場する神様。天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩屋に隠れた際、その前で踊り大神を誘い出した女神。

 

 神皇産霊尊(かみむすびのみこと)

天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)とともに高天ヶ原に現れた造化三神の一神。

 

 高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)

天地のはじめに天御中主尊(あめのみなかぬしのみこと)神皇産霊尊(かみむすびのみこと)とともに高天原にあらわれた造化三神の一神。天照大神(あまてらすおおみかみ)とともに高天原を主宰する。

 

 天御中主尊、天之御中主尊(あめのみなかぬしのみこと)

天地のはじめに高天原に高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)神皇産霊尊(かみむすびのみこと)とともに出現した造化三神の一神。

 

 造化三神(ぞうかさんしん)

天地開闢(てんちかいびゃく)のときに高天原に出現し万物生成化育の根源となった三神。天御中主神(あまのみなかぬしのかみ)、神皇産霊神(かみむすひのかみ)をいう。高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)の三神で性別を持たないとされます。

 

 建御名方神(たけみなかたのかみ)

日本神話に登場す神様、大国主命の子。武甕槌神(たけみかづちのかみ)らが葦原の中つ国の国譲りを大国主命に迫ったとき、武甕槌神と力比べを行ったが敗れて信濃諏訪湖に逃れ、この地から出ないと誓った。諏訪大社の祭神です。

 

 天児屋命/天児屋根命(あまのこやね)

日本神話に登場す神様、天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩屋に隠れたとき、祝詞を奏した神。天孫降臨に従った五伴緒神(いつとものおのかみ)の一神。中臣氏、藤原氏の祖神。

 

 大山咋神(おおやまくいのかみ)

大年神(おおとしかみ)と天知迦流美豆比売(あまちかるみずひめ)との間に生まれた神で、須佐之男命(すさのうのみこと)の孫にあたります。松尾さまの愛称で全国的に崇められる酒づくりの神です。

 

 淤加美神/おかみ神(おかみのかみ)

神話の登場する神様、伊邪那岐神迦具土神を斬り殺した際に生まれたとしている。罔象女神(みつはのめのかみ)とともに、日本における代表的な水の神である。古事記では淤加美神、日本書紀ではおかみの神と呼ばれる。

 

 石筒之男神/磐筒男神(いわつつのおかみ)

日本神話に登場する神様。古事記の神産みで伊弉諾命伊弉冉命の死因となった火神加具土命の首を斬ったとき、その剣の先についた血が岩につき化生した三神の一神。

 

 赤城姫命(あかぎひめのみこと)

日本の女神の1神。日本各地にある赤城神社を創建した大胡氏の息女だと言われている。

 

 武田武大神(たけだのたけのおおかみ)/武田王(たかだのきみ)

古代日本の人物。日本神話に登場する日本武尊の子、弟に佐伯命(佐伯王)がいる。尾張国の丹羽建部君の御祖。

 

 出雲大社教(いずもおおやしろきょう)

明治15年(1882)出雲神社の大宮司千家尊福(せんけたかとみ)が出雲大社敬神講(いずもたいしゃけいしんこう)をもとにして組織した宗教。大国主神の経国治世の精神と敬神崇祖を説く。

 

 野見宿禰(のみのすくね)

日本の伝説上の人物。天穂日命(あめのほひのみこと)の子孫。垂仁天皇の命により当麻蹴速(たいまのけはや)と力を争って勝ち相撲取りの祖とされる。また皇后の死に際し、殉死の代わりに陵墓に埴輪を立てることを進言し、土師臣(はじのおみ)と称して子孫は天皇家の葬儀をつかさどった。

 

 宇摩志麻遅命(うましじまのみこと)/可美真手命(うましまでのみこと)

日本神話に登場する神様。饒速日命と三炊屋媛の子として生まれる。飛鳥時代まで有力豪族の1つだった物部氏の祖とされる人物。

 

 金山彦神(かなやまひこのかみ、金山毘古神(かなやまびこのかみ)

日本神話に登場する神様。神産みにおいて、伊弉冉尊が火の神迦具土神を産んで火傷をし病み苦しんでいるときに、その嘔吐物(たぐり)から化生した神である。鉱山を司どり、また荒金を採る神とされ、鉱業・鍛冶など、金属に関する技工を守護する神とされている。

 

 月夜見命・月讀尊(つくよみのみこと)

日本神話に登場する神様、黄泉の国を脱出した伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が禊をした際、右の目を洗って化生した三神の第二神。天照大神の弟で素戔嗚尊(すさのおのみこと)の兄。月の神、夜の食国(おすくに)の支配を命じられた。

 

 玉祖命(たまのおやのみこと)/豊玉(とよたま)/天明玉(あめのあかるたま)/櫛明玉神(くしあかるたまのかみ)

日本神話に登場する神様、祭祀に用いる玉を作る人々の祖神。天照大神(あまてらすおおかみ)を天の岩屋戸から招き出す祭りのため八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を作った。また天孫降臨に際して五伴緒(いつとものお)の一人として随伴した神様。

 

 佐田彦神(さたひこのかみ)

伏見稲荷大社で祀られる稲荷三神の一柱であり、主祭神の宇迦御魂命(うかのもたまのかみ)の配神となっている。記紀神話に登場する猿田彦神(さるたひこのかみ)の別名である。

 

 八坂刀売神(やさかとめのかみ)

建御名方神の妃神。諏訪大社のほか各地の諏訪神社などに祀られている。記紀神話には見られない神であり諏訪固有の神とも考えられる。

 

 寒川比古命(さむかわひこのみこと)

関東地方を開拓された神と言われています。八方除の守護神として親しまれてきました。

 

 手力男命(たぢからおのみこと)/天手力男命(あめのたぢからおのみこと)

神話に登場する神様。天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩屋に隠れた時戸を開いて大神を連れ出した大力の神。

 

 石凝刀売命、石凝留命(いしこりどめのみこと)

神話に登場する神様。岩戸隠れの際に八咫鏡(やたのかがみ)を作ったとされます。作鏡連(かがみづくりのむらじ)の祖神。

 

 春日大神(かすがおおかみ)

春日神社の主祭神で春日明神または春日権現とも称される。天児屋根命武甕槌命経津主命、比売神の四柱の神をまとめて春日神とされる。

 

 金山姫命(かなやまひめのみこと)、金山毘売神(かなやまびめのかみ)

日本の神様。金山彦神とともに鉱山の神である。

 

 面足尊(おもだるのみこと)、於母陀流神(おもだるのかみ)

記紀に登場する神。神世七代のうち第6代にあたる神で、伊奘諾尊(いざなぎのみこと)伊奘冉尊(いざなみのみこと)の2神の1代前に生まれた。身体と容貌の完備した最初の神。

 

 惶根尊(かしこねのみこと)、阿魔訶志古泥神、阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)

記紀に登場する神。神世七代のうち第6代にあたる神で、男神の面足尊(おもだるのみこと)とともに生まれた女神。

 

 八塩道老翁神(やしおじおじのかみ)

日本の神様。塩土老翁神(しおつちのおじ)と同じとされる。海の神、製塩の神、呪術・予言の神とされる。

 

 八塩道老女神(やしおじおばのかみ)

日本の神様。藻塩場老翁の妃神とされる。

 

 明神造(みょうじんづくり)

伊勢の神宮を代表としてみられる様式で、切妻造の屋根の棟と平行の側に入口がある平入(ひらいり)という形になっています。

 

 熊野権現(くまのごんげん)、熊野三社権現(くまのさんじゃごんげん)、熊野三所権現(くまのさんしょごんげん)

熊野三山に祀られる神であり、本地垂迹思想のもとで権現と呼ばれるようになった。熊野神は各地の神社に勧請されており、熊野神を祀る熊野神社・十二所神社は日本全国に約3千社ある。

本宮の神である家津御子大神(けつみこのおおかみ)には阿弥陀如来、新宮の神である速玉大神(はやたまのおおかみ)には薬師如来、那智の神である牟須美大神(むすびのおおかみ)には千手観音の本地仏があてられている。

 

 櫛磐間戸命(くしいわまとのみこと)、櫛石窓神 くしいわまとのかみ

随神門に祀られる。俗に左大神(さだいしん)と呼ばれる。豊磐間戸命と合わせ天石戸別神(あめのいわとわけのかみ)。邇邇芸命(ににぎのみこと)天照大神(あまてらすおおみかみ)の命をうけて日向の高千穂峰にくだる際、宮城の御門(みかど)の守護のためにしたがった。

 

 豊磐間戸命(とよいわまとのみこと)、豊石窓命(とよいわまどのかみ)

随神門に祀られる。俗に矢大神(やだいじん) と呼ばれる。櫛磐間戸命とともに天石戸別神(あめのいわとわけのかみ)

 

 浅間造(せんげんづくり)

神社建築様式の一つ。社殿の上にさらに別の社殿が載った二階建ての建築様式で、神社建築としては特殊な形式である。富士山本宮浅間大社、静岡浅間神社、多摩川浅間神社、浅間神社 (横浜市西区)の4社のみとされている。

 

 八王子命(はちおうじのみこと)

須佐之男命天照大御神の誓約によって生まれた五男三女神。八島士奴美命、五十猛命、大屋津比売命、抓津比売命、大歳神、宇迦之御魂神、大屋毘古命、須勢理比売命を八王子と呼ぶ。

 

 菊理媛神、菊理媛命(くくりひめのみこと)、白山比?神(しらやまひめのかみ)

日本の神。加賀白山や全国の白山神社に祀られる白山明神、白山比?(しらやまひめ)神とされている。

 

 磐長姫命、石長比売命(いわながひめのみこと)

日本の神。大山祇神(おおやまつみのかみ)の娘で、木花開耶姫(このはなさくやひめ)の姉。妹の木花開耶姫とともに瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に献上されたが、容姿が醜いために返された。

 

 大物忌神(おおものいみのかみ)

鳥海山に宿るとされる神である。鳥海山頂の鳥海山大物忌神社をはじめ東北地方各地に大物忌神を祀る神社がある。

 

 級長津彦命(しなつひこのみこと)、志那都比古神(しなつひこのかみ)、級長戸辺命(しなとべのみこと)

日本の神様。風の神。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の子。

 

 級長津姫命(しなつひめのみこと)、志那都比売神(しなつひめのかみ)

日本の神様。風の神。志那都比古神と対とされ女神とされる。

 

 衣通姫(そとおりひめ)、衣通郎姫(そとおしのいらつめ)

記紀に登場する伝説上の女性。美しい女性でありその美しさが衣を通して輝くことからこの名の由来となっている。本朝三美人の一人とも称される。

 

 宗我都比古之命 (そがつひこのみこと)宗我都比女之命(そがつひめのみこと)

蘇我氏の始祖とされる神様。曽我の男・曽我の女を意味する一般的な神の名とされている。

 

 手摩乳命/手名椎命(てなづち)

日本神話の神。脚摩乳(あしなずち)の妻で、奇稲田姫(くしなだひめ)の母。

 

 脚摩乳命/足摩乳命/足名椎命(あしなづち)

日本神話の神。出雲の国つ神大山祇神(おおやまつみのかみ)の子。妻は手摩乳(てなずち)。末娘の奇稲田姫(くしなだひめ)素戔嗚尊(すさのおのみこと)の妻となる。

 

 大社造(たいしゃづくり)

日本古代の建築様式を残すもので、屋根は檜皮葺(ひわだぶ)きで切妻造り妻入り。代表例は出雲大社本殿。

 

 家津美御子神(けつみみこのかみ)、家都御子神(けつみこのかみ)

熊野本宮大社の祭神。樹木を支配する神とされ素戔嗚尊(すさのおのみこと)の別名ともいわれる。

 

 事解之男命(ことさかおのこみこ)

日本神話に登場する神様。黄泉の国から戻った伊邪那岐命が吐いた唾を掃きはらって生まれたとされる神。魔を祓う神とも言われ伊邪那岐命須佐之男命と共に全国の熊野神社に祀られている事が多い。

 

 稜威雄走神・稜威尾走神(いつのをはしり)天之尾羽張神(あめのおはばりのかみ)

日本神話に登場する神剣。伊邪那岐命(いざなぎのみこと)迦具土神(かぐつちのかみ)を斬り殺す時に用いられた十束剣(とつかのつるぎ)

 

 思兼尊・思金神(おもいかねのみこと)八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)

日本神話に登場する神様。高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)の子。天の岩屋戸に隠れた天照大神(あまてらすおおみかみ)を誘い出す方法を考え出した。また葦原中国平定の使者を選定し瓊瓊杵尊ににぎのみことに従って地上に下った。

 

 石析神・磐裂神(いわさくのかみ)根析神・根裂神(ねさくのかみ))

日本神話に登場する神様。伊弉諾命(いざなぎのみこと)が十拳剣で加具土命(かぐつち)の首を斬ったとき、剣の先についた血が岩について化生した神で、その次に石筒之男神(磐筒男神)が化生している。

 

 埴山姫神(はにやまひめ)

日本神話に登場する神様。伊耶那美命(いざなみのみこと)迦具土神(かぐつちのかみ)を生んだ際、女陰を火傷し苦しみながら出した糞から生まれた神。土の神として、農業や土木業界関係者から崇敬を集めています。

 

 寒川比女命(さむかわひめのみこと)

寒川比古命(さむかわひこのみこと)と寒川比女命(さむかわひめのみこと)の二柱を合わせ寒川大神とされる。

 

 味耜高彦根神(あじすきたかひこねのかみ)阿遅志貴高日子根神(あじしきたかひこねのかみ)

大国主神(おおくにぬしのかみ)田霧姫命(たぎりひめのみこと)の子。

 

 一言主神(ひとことぬしのかみ)

日本書紀に登場する神様。大和の葛城山の神で雄略天皇が狩をしたとき、天皇と全く同じ姿をして現れともに狩を楽しんだ。悪い事も善い事も一言で言い放つ託宣神とされる。

 

 磐座・岩座(いわくら)

神の御座所。自然の巨石をさす場合が多い。

 

 天之忍穂耳命(あめのおしほみみ)、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみ)

天照大御神の御子ながら下界へ降ることを拒み通し高天原にとどまった神です。

 

 比売大神(ひめがみ)

特定の神の名前ではなく主祭神の妻や娘あるいは関係の深い女神を指す。

 

 十二所権現(じゅうにしょごんげん)

熊野三社に祭る12の権現。三所権現、五所王子(小守の宮・児の宮・聖の宮・禅師の宮・若王子)、四所明神(一万の宮または十万の宮・勧請十五所・飛行夜叉・米持金剛童子)

 

 神仏習合(しんぶつしゅうごう)神仏混淆(しんぶつこんこう)

日本古来の神と外来宗教である仏教とを結びつけた信仰のこと。すでに奈良時代から寺院に神が祀られたり、神社に神宮寺が建てられたりした。平安時代頃からは本格的な本地垂迹(ほんじすいじやく)説が流行し、中世になって両部神道などが成立した。

 

 本地垂迹(ほんちすいじゃく)

菩薩や仏陀がかりに神の姿をとって垂迹するという説、神は権現と呼ばれるようになった。神の正体とされる仏を本地仏と言う。神々に付会される仏は、宗派、信仰、寺院、神社によって異なる。

 

 速瓶玉命(はやみかたまのみこと)

日本の神様。健磐竜命(たけいわたつのみこと)の子。孝霊天皇9年により阿蘇神社を創建したといわれる。崇神天皇(すじんてんのう)の時代,阿蘇国造に任じられた。

 

 建磐龍命(たけいわたつのみこと)阿蘇大神(あそのおおかみ)

日本の神様。阿蘇神社の祭神等として知られる。大きな湖であった阿蘇谷、南郷谷の水を流し出し阿蘇を開拓した伝説が伝えられている。

 

 阿蘇都比?命(あそつひめのみこと)

日本の神様。建磐龍命(たけいわたつのみこと)の妻。